分かり難い手続きを行政書士に依頼するメリット|ビザでお悩みの方、解決致します!配偶者ビザなど、手間な作業も迅速に対応致します!群馬県の「こうの行政書士事務所」へご相談下さい!

ビザの事でお悩みの方、配偶者ビザなどの手間な作業も、群馬県の「こうの行政書士事務所」までご相談下さい!

  • 090-2253-0324
  • 0276-46-6137
  • 24時間、年中無休で営業中!
  • お問い合わせ・ご相談はこちら

分かり難い手続きを行政書士に依頼するメリット

ビザ申請は思いのほか専門的な知識や理解がないと適切に行えないものです。
もし、ビザ申請などの手続きにお困りの方がいらっしゃいましたら、ビザ申請を専門とする行政書士へのご相談ください。

ビザ申請には専門的な知識を要します

ビザ申請に対し「事務的な手続き」という印象をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、思った以上に専門的な知識を要するものです。まず、現在の在留資格は27種類にも及び、その活動目的によって取得しなければならない在留資格が異なります。

例えば、一般的に就労ビザと呼ばれている在留資格においては、通訳として活動する場合は「技術・人文知識・国際業務」の在留資格が必要となり、外国料理を提供する飲食店の調理師として活動する場合は「技能」という在留資格を取得しなければなりません。

また、外国人留学生をアルバイトとして雇う場合には労働時間の制限に気を配らなければならないほか、正社員として雇う場合は、その社員が担当する「職種」によって取得する在留資格が異なります。このように、ビザ申請は取得すべき在留資格の判別ひとつとって見ても専門的な知識が必要となります。

許可率を上げるために

ビザ申請の目的は当然ですが、「申請を終えること」ではなく、「在留資格を取得すること」です。そのため、ビザ申請においては、なるべく許可を早く得たいと思うのが心情ではないでしょうか。

行政書士にご依頼いただくことで、スムーズにビザ申請を終えられるほか、申請時の許可率も上がります。この根拠は、ビザ申請時における「立証責任」にあります。

まず、在留資格の種類によっては取得の基準が設けられているのですが、この基準に該当することを証明するためには、申請人であるご本人様が立証しなければなりません。これが「立証責任」です。そして、これを証明するためには、法務省が提示する書類を収集することはもちろん、「取得基準に該当すること」を裏付ける書類をご自身で用意する必要があります。

行政書士にご依頼いただくことで、立証に有効な書類の準備を含む諸手続きをサポートするほか、万が一不許可となってしまった場合は、迅速に原因を精査した上で、再申請を行います。

群馬太田市にある当事務所では、結婚ビザ・就労ビザの取得サポートのほか、外国人の会社設立サポートを行っております。ビザ申請のやり方が分からない、複雑な手続きを専門家に任せたい、不許可になってしまったので再申請を行いたいなど、ビザ申請に関するお悩みがございましたら、ぜひご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

サポート内容

こうの行政書士事務所

こうの行政書士事務所
〒373-0813
群馬県太田市内ヶ島町1434-1
エステービル2F

思ったよりも手間と時間のかかるビザ申請。配偶者ビザなど、それぞれのお悩みに合わせて、迅速に手続きを致します。群馬県の「こうの行政書士事務所」までご相談下さい。

  • 24時間、年中無休で営業中
  • 09022530324
  • 0276466137

お問い合わせはこちら

お役立ちリンク