国際結婚の前に知っておきたいこと|ビザでお悩みの方、解決致します!配偶者ビザなど、手間な作業も迅速に対応致します!群馬県の「こうの行政書士事務所」へご相談下さい!

ビザの事でお悩みの方、配偶者ビザなどの手間な作業も、群馬県の「こうの行政書士事務所」までご相談下さい!

  • 090-2253-0324
  • 0276-46-6137
  • 24時間、年中無休で営業中!
  • お問い合わせ・ご相談はこちら

国際結婚の前に知っておきたいこと

今や国際結婚を視野に入れ、真剣にお付き合いしているカップルは珍しくありません。
しかし、偽造婚を防ぐという観点から配偶者ビザ申請の手続きは複雑且つ厳格に定められています。
そこで、ここでは国際結婚の前に知っておきたい「予備知識」についてご紹介いたします。

国際結婚と法律

国際結婚において気になるのが「法律」だと思います。日本では結婚の成立条件として「男性は満18歳以上、女性は満16歳以上」「重婚ではないこと」「近親婚ではないこと」などが法律で定められています。

日本人同士の結婚の場合、これらの実質的要件を満たしていれば結婚できますが、国際結婚においては、日本人には日本の法律が、外国人婚約者には本国の法律が適用されます。そのため、どちらか一方が、本国の結婚条件を満たしていなければ結婚することができません。

国際結婚とビザ(在留資格)申請

配偶者ビザ(日本人の配偶者等)を取得するためには、地方入国管理局へ足を運び、ビザ申請の手続きを行わなければなりません。手続きは、外国人配偶者の現居住地や在留状況によって異なります。
例えば、外国人配偶者が現在海外に居住している場合は、申請手続きを行い「在留資格認定書」を交付しなければなりません。

一方で、外国人配偶者が日本に滞在しており、短期滞在などの在留資格を有している場合は「在留資格変更許可申請」を行い、配偶者ビザ(日本人の配偶者等)へと変更する必要があります。
なお、外国人配偶者が不法滞在(オーバーステイなど)している場合は、「在留特別許可」が必要となります。

国際結婚における国籍

国際結婚の際、「母国の国籍を失うのでは?」という懸念があるかもしれませんが、国際結婚によって国籍が変わる、失うということはありません。しかし、国によっては「自国民男性との結婚により、妻は夫の国籍を取得する」という国籍法が定められているため、外国人男性と結婚する日本人女性の場合、国籍が二重になることがあります。

日本では二重国籍が認められていないため、二重国籍となった場合は国籍選択届などの手続きが必要となります。なお、国際結婚により生まれた子どもは、父・母どちらかの国の国籍を取得しなければならず、22歳までに国籍を選択する必要があります。

配偶者ビザの許可を取得するためには、「実質的な婚姻の事実があること」を証明する必要があります。煩雑な手続きを円滑に済ませたい方は、是非行政書士へご相談ください。

群馬太田市にある当事務所では、配偶者ビザなどのビザ申請や、国際結婚手続きを全面的にサポートいたします。相談無料・秘密厳守にてご相談を承っておりますので、サービス内容や依頼料金に関する疑問などもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

サポート内容

こうの行政書士事務所

こうの行政書士事務所
〒373-0813
群馬県太田市内ヶ島町1434-1
エステービル2F

思ったよりも手間と時間のかかるビザ申請。配偶者ビザなど、それぞれのお悩みに合わせて、迅速に手続きを致します。群馬県の「こうの行政書士事務所」までご相談下さい。

  • 24時間、年中無休で営業中
  • 09022530324
  • 0276466137

お問い合わせはこちら

お役立ちリンク