入国管理申請と不許可・不交付|ビザでお悩みの方、解決致します!配偶者ビザなど、手間な作業も迅速に対応致します!群馬県の「こうの行政書士事務所」へご相談下さい!

ビザの事でお悩みの方、配偶者ビザなどの手間な作業も、群馬県の「こうの行政書士事務所」までご相談下さい!

  • 090-2253-0324
  • 0276-46-6137
  • 24時間、年中無休で営業中!
  • お問い合わせ・ご相談はこちら

入国管理申請と不許可・不交付

就労ビザや結婚ビザなどを取得するためには、入国管理局に申請を行い、許可を取得しなければなりません。中には、なかなか許可が下りずに苦戦している方もいらっしゃると思います。いったいなぜ不許可・不交付となるのでしょうか。

不許可になる理由

不許可になる理由としては「要件を満たしていなかった」「書類に不備や情報不足な部分があった」などが挙げられます。特に多いのが、書類の不備や情報不足です。

例えば、配偶者ビザを取得する際には「実質的な婚姻の事実があること」を証明する必要があるため、それを証明する写真や日記、メール・手紙のやり取りなどの証明材料を揃えなければなりません。

これは偽装結婚を防ぐ観点から行われるものであり、本当に愛し合っている二人であっても立証する必要があるため、立証が不十分だと不許可となってしまいます。なお、書類内容の不備・不足だけでなく、書類内容の辻褄が合わない(矛盾がある)、といった理由で不許可・不交付となることもあります。

不許可・不交付となった場合は再申請を

申請が不許可・不交付になると、それぞれ「不許可通知書」「不交付通知書」が届きます。
これらの通知書には「なぜ不許可・不交付になったのか」が明確に示されていないため、理由を確かめるためには入国管理局に足を運ぶ必要があります。

もし、不許可・不交付という結果に終わってしまった場合でも、理由を突き止め、これを訂正し再申請することで、許可が下りる可能性があります。

入国管理局で理由を聞くためには申請人が届け出る必要がありますが、行政書士などの専門家を代理人とすることも可能です。入国管理申請に行き詰っている方は、ぜひ専門家へご相談ください。

群馬県で入国管理申請に関するお悩みがございましたら、太田市にある当事務所へご相談ください。当事務所では、入国管理申請のほか、在留期間更新許可申請・在留資格変更許可申請などを行っております。サービス内容や料金に関する疑問、手続き開始から許可・交付までの流れを知りたいという方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

サポート内容

こうの行政書士事務所

こうの行政書士事務所
〒373-0813
群馬県太田市内ヶ島町1434-1
エステービル2F

思ったよりも手間と時間のかかるビザ申請。配偶者ビザなど、それぞれのお悩みに合わせて、迅速に手続きを致します。群馬県の「こうの行政書士事務所」までご相談下さい。

  • 24時間、年中無休で営業中
  • 09022530324
  • 0276466137

お問い合わせはこちら

お役立ちリンク