ビザと在留資格の違い|ビザでお悩みの方、解決致します!配偶者ビザなど、手間な作業も迅速に対応致します!群馬県の「こうの行政書士事務所」へご相談下さい!

ビザの事でお悩みの方、配偶者ビザなどの手間な作業も、群馬県の「こうの行政書士事務所」までご相談下さい!

  • 090-2253-0324
  • 0276-46-6137
  • 24時間、年中無休で営業中!
  • お問い合わせ・ご相談はこちら

ビザと在留資格の違い

当事務所のある群馬県太田市は、外国人就労者が多いことで有名です。外国人が日本で働くためには、ビザと在留資格が必要になります。

入国・在留手続をする際など、ビザと在留資格が混乱してしまう方、どのような違いがあるのかわからないという方のために、ここでは二つの違いについてご紹介します。

ビザとは

ビザとは、日本に入国するために必要なものです。日本に入国しようとしている外国人が、現地の日本大使館や領事館でパスポートを提示し、チェックを受けます。

そのチェックで、日本への入国は問題ないとされれば、ビザが発行されます。そして、日本へ渡ってきた時の入国時、空港などで上陸審査が行われ、本当に入国させても大丈夫な人物であるかが審査されます。

その審査は、原則として入国審査官がパスポートに示されたビザを確認し、そのビザに見合う在留資格を付与することで、入国許可が下りることになります。

入国が許された時点で、そのビザは使用済みになります。ビザは日本に入国する時に必要となりますが、以下の場合においてはビザがなくても上陸することが可能です。

  • ビザ免除国の人が商用・会議・観光・親族・知人訪問などを目的とし、決められた期間での滞在の場合。(日本で報酬を受ける際にはビザが必要です。)
  • 再入国許可を取得している場合。
  • 飛行機の乗り継ぎなどで日本に立ち寄り、72時間以内の滞在中に買い物などをするような場合。

在留資格とは

在留資格は、日本に長期滞在する際に必要なものです。なんのために日本に滞在するのかを示すものとなります。一般的に使われている「ビザ」は、在留資格を指すことが多いです。

「ビザを延長する」や「ビザの変更をする」というのは「在留資格の更新をする」「在留資格の変更をする」ということになります。入国管理局でも混乱を避けるためか、「在留資格の手続き」を「ビザの手続き」と言うこともあるようです。

太田市で、外国人ビザ・在留資格に関する相談ができる行政書士をお探しの方、是非当事務所をご利用ください。

当事務所は太田市内ヶ島町で、入国管理局への申請や在留期間更新許可申請、在留資格変更許可申請、国際結婚に関わる申請などのサポートをしております。24時間・年中無休で営業しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

サポート内容

こうの行政書士事務所

こうの行政書士事務所
〒373-0813
群馬県太田市内ヶ島町1434-1
エステービル2F

思ったよりも手間と時間のかかるビザ申請。配偶者ビザなど、それぞれのお悩みに合わせて、迅速に手続きを致します。群馬県の「こうの行政書士事務所」までご相談下さい。

  • 24時間、年中無休で営業中
  • 09022530324
  • 0276466137

お問い合わせはこちら

お役立ちリンク